美しい音楽の世界

恋人との相性って、とっても大事なものですね。気が合っていないと長続きするものだって長続きしませんし、結構軽く見られがちな相性ですが、実はとっても大事なことだったりするんです。中には「相性占いの結果なんて関係ない。結果が悪くても、相手のことが好き」と思う方もいらっしゃると思いますし、その強い意志はとても大事なものだと思います。

 

→このサイトの記事を参考にしましたhttp://www.kennedy-football.com/

 

占いの結果に一喜一憂していてはキリがありませんし、それでは何だか占いに踊らされているような気がしますものね。「相性占いの結果が悪かったから別れよう」なって話も馬鹿馬鹿しい話です。しかし、結果を鵜呑みにはせずとも、その占い結果を参考にすることは出来ます。

 

「あなた達はこういう点についてはとても気が合うけれど、これこれこういう悪い点があるから、どんなことに気をつけなさい」と、明確なアドバイスと占い結果が貰えれば、それは非常に有用なものだとは思いませんか?

 

互いの関係をより強固に、そして深くするためにも、これらのアドバイスはあって困るものではないと思います。また、恋愛とはつとめて盲目的になりやすいものです。自分では良かれと思ってやっていることが、実は周囲から不評を得ていることだってあります。

 

これらの自分では気づけない恋愛の欠点を占ってもらうことで、相手との相性をより良くすることだって出来るんですよ。
ただ相性結果を聞いて終わるのではなく、その結果を知って今後自分がどうすれば良いのか。これが一番大事なことなんですね。

テレビ番組などで早朝の清々しい時間帯に流れてきそうなメロディでお馴染みのクラシック音楽、ヴィヴァルディの四季。とりわけ聴衆にとって聞き覚えのあるのはその第1楽章の「春」というパートで、この部分が耳に触れるたびに、あたかも貴族が綺麗に刈り整えられた芝生に長机を置いて上品に朝食を取っているかのようなイメージが頭に浮かぶことでしょう。

 

これを手掛けた作曲者のアントニオ・ヴィヴァルディ(1678〜1741)はバロック時代末期の作曲家として知られ、幼少期より父親にバイオリンの腕をたたき込まれ、その後は聖職者となることを目指すと同時に、音楽院の指導者としても活動を続けていました。

 

その後、彼の手がけた楽曲は人気を呼び、一躍大作曲家へと成長。宗教曲から協奏曲、オペラ、室内楽曲、ソナタなどの幅広い楽曲を世に送り出しました。そんな彼が1725年に発刊した「和声と創意への試み」というバイオリン協奏曲集の中における第1集に納められているのが「春」「夏」「秋」「冬」の4曲であり、これを総じて「四季」と呼びます。

 

まさにヴィヴァルディにとってキャリアの集大成ともいうべき時期に産み落とした作品と言えるでしょう。さわやかな風と小川のせせらぎ、鳥のさえずりを感じさせる定番の「春」のみならず、他のそれぞれの季節にもそれらにふさわしい情景の浮かぶような色調、メロディが付与されてています。演奏される楽器はバイオリンの他にヴィオラ、チェロ、コントラバス、チェンバロといったもの。

 

場面場面では楽器特有の音の響きが動物の鳴き声として用いられたりもして、コントラバスの低音が犬の鳴き声を象徴していたりと、中身を知ることによって更なる情景が浮かび上がってくることでしょう。日本ではイタリアのイ・ムジチ合奏団が演奏したことでクラシック音楽ファンのみならず一般の人でもそのメロディを知るようになり、大きなぶーむを巻き起こしたことでも知られています。

私が初めてクラシック音楽に興味を持ったのは幼少の頃、父のレコードプレイヤーから流れるホルストの組曲「惑星」を聞いたときだと思います。今ではリミックスされた「ジュピター」は日本人には大変なじみ深いものになっていますが、私の場合は特にこの組曲の中の「木星」でした。今でも何がそんなに心を奪ったのか分かりませんが、出だしのバイオリンが、まるでさざ波のように互いの音色を追いかけ紡ぎ出す旋律に、私はたまらず何か冒険心のような、言い知れない興奮感を覚えたものでした。

 

その頃すでにピアノを習い始めていたものの、オーケストラやクラシック音楽、といった概念がまだ自分の中で存在せず、ただただ映像が頭の中に流れてくること、その音楽の力に驚嘆し、何度も何度もレコードを聴きました。10代に入ってからは海外のロックや現代音楽にはまり、しばらくクラシック音楽からは離れていました。が、20代になってふと、ホルストの「惑星」を再び耳にする機会がありました。

 

なぜだか子供の頃のしびれるような感覚がよみがえり、その後すぐに楽器屋に向かい、「木星」のオーケストラ譜を購入しました。これまで一度とてオーケストラ譜を買ったことなどありませんでしたが、開いて楽譜を読み始めて、初めてその精巧さに心を打たれました。アンティークの時計の外見と中身を同時に堪能するような、ホルストの(彼が書いた当時からはだいぶ譜面は変わっていると思いますが)魅力を二倍に感じられたように感じました。

 

この経験がきっかけで、今では気に入ったクラシック音楽は、ピアノ協奏曲であろうとオーケストラ譜であろうと、あとで楽譜を読んでみたりするようになりました。また全般に、様々な分野の音楽に興味を持ち出したように思います。

 

もちろん今でもコンサートで実際の音に触れるのは大好きですが、楽譜を読み解いていくと、さらに奏者の繊細なアレンジや、指揮者の見事な演出力を感じることができ、今では私の趣味の一つになっています。それも今思えばホルストとの出会いがあってこそ、と不思議に温かい思いで今でも愛聴しています。

その曲調から広がる宇宙規模の壮大かつ神秘的な世界観で聴衆を魅了してやまない「木星」は、正式にはそのタイトルに「快楽をもたらす者」とする言葉も付け加えられています。グスターヴ・ホルスト(1874〜1934)が手掛けたクラシック音楽の中でもまさに代表作と言っていい作品です。日本ではアーティストが日本語の詞を付けて発表した作品として今や全国的な知名度を獲得しています。

 

イギリスで生まれたホルストは合唱曲や吹奏曲などでもよく知られていますが、そのほかにも母国イングランドに伝わる民謡などを素材として作品を作り上げたことでも有名です。またイギリスでは讃美歌として使用したり、この曲に愛国的な詩をつけたものを広く好んで歌われる傾向にあります。この「木星」にも民謡の旋律などの影響が見られるとの見方もあり、時折この楽曲をバグパイプなどの民族楽器で演奏することもあります。

 

そもそも「木星」は管弦楽のために書かれた組曲「惑星」の中のひとつであり、これらは1914年から1916年にかけてホルストがセントポール女学校の音楽教師の仕事を行う中で余暇を惜しんで作曲されました。初演は1920年バーミンガム。当時、その誰の心をも揺さぶる壮大なオーケストレーションは大きな称賛でもってこの曲の門出を祝福したと言われています。また「惑星」は7つの楽章に分かれており、それぞれに火星、金星、水星、木星、土星、天王星、海王星の名がつけられています。

 

このタイトルをみるとついつい夜空の情景を思い浮かべてしまいますが、実のところホルストが関心を寄せていた占星術から構想を沸き立たせて形作られた作品です。またこの作品が現代においてこれほどなじみのある楽曲として知名度を深めているのは世界的指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンが1961年のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会においてこの曲を演奏して脚光を浴びたためとも言われています。

クロード・ドビュッシーが作曲したピアノ独奏曲「ベルガマスク組曲」は4つの曲で構成されていますが、第3曲目にあたるのが「月の光」です。ベルガマスクという一風変わった名前には諸説あり、イタリア北部のベルガモ地方の舞踊曲にちなんだものだとするものや、ポール・ヴェルレーヌの詩集「艶なる宴」にある言葉「18世紀宮廷風の」を用いたものだとするものなどがあります。

 

ドビュッシー自身、2年間のイタリア留学中にベルガモ地方を訪れていたり、ヴェルレーヌの詩に作曲した歌曲も数点残っていたりすることから、ただ一つの理由を求めるより複数の要素から着想を得て作曲したものと考えるのが自然なのかもしれません。曲自体は「月の光」という静的な印象よりは、むしろ月の光を映した水の流れ・動きを連想させるものとなっています。

 

月が映った湖に小石を投げると広がる波動、月の光を映しながら波が静かに寄せたり返したりする動き、といった感じです。この音の動きは透明感にあふれた旋律ともあいまって、ピュアな恋心をも想像させます。初めは恐る恐る相手の反応を窺いながら押したり引いたり、次第にそれが大胆になり、クライマックスではほとばしるような熱情に変わり、終盤には溜息のようにも懇願のようにも、そして追想のようにも聞こえる構成となっています。

 

ベルガマスク組曲とは直接は無関係ですが、ドビュッシーは18歳ごろ人妻である美貌のマリ=ブランシュ・ヴァニエ夫人に熱烈な恋心を抱き、ソプラノ歌手でもあった夫人にヴェルレーヌの詩に自らが曲をつけた歌曲集を献呈しています。解説などなくてもこの有名なピアノ曲は十分楽しめますが、10歳でパリ音楽院に入学を果たした天才的な作曲家もまた一人の人間として恋に身を焦がしたことなどを知ると、曲がぐっと自分に近く迫って聴こえるようになるのも事実です。

 

クラシック音楽の教科書では印象派として紹介されるドビュッシーですが、むしろヴェルレーヌなどの余韻や響きを重視する詩人同様に、象徴派として区分するほうが彼の音楽を的確に言い当てているという主張も聞かれます。

アントニオ・ヴィヴァルディとは、ヴェネツィアで生まれてバイオリン奏者をしていた父親からバイオリンを学びました。そして、ヴィヴァルディは聖職者であり音楽の指導者や演奏家、そしてバロック時代に数多くの作曲も行った代表的の1人作曲家でもあります。中でも代表的な曲のひとつに、クラシック音楽としても代表的な曲のひとつである四季があります。

 

しかし、四季という題名はヴィヴァルディ本人が付けたものではないと言われています。そもそも、ヴィヴァルディが作曲した協奏曲は数えきれないくらいたくさん存在し、もともとはその一つである和声と創意への試み、作品8というタイトルの作品です。

 

和声と創意への試みは、各協奏曲が3楽章形式で、全12曲で成り立っています。そして、春夏秋冬の四季とは、この全12曲の中から1曲から4曲の4つのバイオリン協奏曲を指しています。その後、4曲が連続して演奏されたり録音されるようになったことから、四季という曲が定着しました。そのため、一つの協奏曲ではなく、協奏曲集ということになります。

 

春はホ長調、夏はト短調、秋はヘ長調、冬はヘ短調という調性で作られていて、独奏バイオリン、第1第2バイオリン、ビオラ、チェロ、チェンバロ、コントラバスなどの楽器編成で演奏されます。そして、各楽章には小さな歌という意味のソネットと呼ばれる14行のヨーロッパの叙情的な詩が添えられています。そのため、ソネットなどによって協奏曲が季節感や情景、自然や田園などの表現する描写的な音楽となるように作られています。

 

そのほかにも、各曲、急緩急のリズムの3楽章形式で、テンポの速い急速楽章では合奏、独走、合奏でメロディを繰り返すリトルネッロ形式が使われています。中でも、春の第一楽章の冒頭は、独奏ヴァイオリンと第1第2ヴァイオリンとの掛け合いでテンポがよく春の訪れを表現していて、ドラマやCMなどで多くの人が一度は聞いたことがある有名なメロディです。

ヴィヴァルディの中で有名なクラシック音楽として四季があります。この曲はその名の通り、季節の流れを曲として表現しています。曲調としては、ずっと一定の曲調ではなくゆったりとした曲調と激しい曲調を繰り返します。ですのでとてもクラシック音楽では珍しい曲のタイプと言う事が出来ます。とても印象深い曲がヴィヴァルディには多数存在します。

 

彼の四季は特に代表曲として紹介される事も多数ありますが、特にラジオやテレビでの効果音として良く使用されます。ラジオでは間奏曲などに主に使用されます。今でもヴィヴァルディは有名であり、オーケストラのイベントでは聞き飽きてしまう位に演奏される事が多い曲でもあります。彼は数えきれない曲を作曲し、世にその名を知らしめた作曲家としても知られています。

 

本名はアントニオ・ヴィヴァルディと言い、イタリアのヴェネチアに生まれたのです。父親は理容師でもありながらヴァイオリニストでもあり、彼は父からヴァイオリンを習う事になります。彼は赤毛であったことから赤毛の司祭と呼ばれるようにもなったのです。彼は司祭になった後、音楽院でヴァイオリンを教えることになります。ヴァイオリンを教えながらも彼はオペラにも力を注ぐようになります。

 

その才能はすぐにヨーロッパ全土で認められるようになります。しかしながら、その才能は時代の流れとともに消滅しかけたが近年のオペラの繁栄により再度、彼は評価されることとなります。彼の作品は500を超える協奏曲や52のオペラ、73のソナタなどから構成されており、一つの分野にとらわれずに色々な曲の分野で活躍した事も近年、評価されてきた結果であると考えられています。

 

また彼はヨーロッパ旅行にも良く言っており、そのヨーロッパの都市へ旅行に行くたびに曲を書き続けていました。しかし彼は音楽の聖地であるウイーンで音楽をする事を目指す所で不運に遭遇します。オーストリア継承戦争や王族の変化などで音楽が禁止されるようになります。その後、彼は生まれ故郷であるヴェネチアに帰る事を試みますが、祖国に帰る事も出来ずに生涯を終えます。彼の作曲に対する信念はクラシック音楽を作曲した人の中でも優秀だった作曲家と言えます。